京都やおよしの商品カテゴリ

京都かめよし

やおよし農家紹介

やおよし月会員のご案内

メディア掲載情報

朝日新聞9月29日版紅葉秋の旅特集にて京都やおよしが取り上げられました。

クローズアップ現代ロゴ NHKクローズアップ現代にて京都やおよしが取り上げられました。

大阪放送『NEWS TONIGHT いいおとな』2014年12月10日放送回にて京都やおよしが紹介されました。

夏の京野菜特集

やおよしの地元・京都の農家さんの「ほんまもん」の京野菜をご紹介します。
できるだけ農薬を使わない栽培方法にこだわっておられる京都の農家さんの地場野菜から賀茂なす、鷹峯とうがらしなど『京都の伝統野菜』・『ブランド京野菜』として著名なものまで。夏が旬の美味しい京野菜をぜひご賞味下さい。

こだわり農家さんの京野菜はご贈答用・お中元にもオススメ♪送料込みの京野菜セットもご用意しています。

  • 賀茂茄子

    賀茂なす

    京都の伝統野菜・京野菜として知られる賀茂ナス。
    ソフトボール大になる大きな丸なすで肉質はとても緻密。食感はトロリと柔らかく、茄子本来の深い味わいが特徴です。

    ご購入はこちら

  • 賀茂の赤土トマト

    京都のとまと

    甘いだけで無く酸味もあり夏の京都の人気野菜の一つです。
    今年は水澤さんもかなり力を入れてとまとを育てたと自身満々で
    懐かしい味ですよ。

    ご購入はこちら

  • 九条ねぎ

    九条ねぎ

    京都でネギと言えば「九条ねぎ」。江戸時代に九条付近で品質の良いネギが作られた為この名前がつきました。
    旬は冬ですが、青ねぎの中でも柔らかく、風味と甘みのある葉が特徴です。

    ご購入はこちら

  • 万願寺とうがらし

    万願寺とうがらし

    肉厚で食べ応えのある大きさ、深みのその味わい。
    ビタミンAやビタミンCが多く含まれ、特にビタミンAはピーマンの2倍含まれて、カプサイシン類が多く含まれています  

    ご購入はこちら

  • 水菜

    水菜

    京都で古くから栽培されてきた漬菜です。地方では京菜と呼ばれることも。
    東寺・九条の辺りで栽培に肥料を使わず水と土の力だけで作っていたことが名前の由来と言われています。

    ご購入はこちら

  • きゅうり

    朝採りきゅうり

    年中食べられるので旬を忘れがちですが、きゅうりの旬は夏。ぱりっとした食感でシャキシャキ瑞々しく、昔なつかしい胡瓜の味がします。嵯峨の今井さんの農薬不使用の胡瓜です。

    ご購入はこちら

  • 鷹峯唐辛子(たかがみねとうがらし)

    鷹峯とうがらし

    光沢がある濃い緑色で、細いながらもぽってりと厚くボリュームがある唐辛子。
    京都市北区・鷹峰で栽培された為、この名がつきました。
       
     

    ご購入はこちら

  • 京唐菜

    京唐菜

    京都では「きごしょ」とも呼ばれる唐辛子の葉っぱです。
    唐辛子の葉があまりにおいしいので葉っぱの部分だけを食すように開発された、新京野菜です。  
     

    ご購入はこちら

  • 黒豆枝豆

    黒枝豆

    京都特産の丹波黒豆を枝豆用として改良されたものです。
    一般の黒豆、枝豆等と比較すると粒が大きく豊かな甘味があります。愛好者の多い枝豆です。

    ご購入はこちら

  • 伏見唐辛子

    伏見とうがらし

    辛味が無く、別名「ひもとう」や「伏見甘」とも呼ばれ唐辛子の中では最も長くなる品種です。京都の伏見付近で栽培されていたのでこの名がつきました。

    ご購入はこちら

  • 赤伏見唐辛子

    赤伏見とうがらし

    伏見とうがらしを緑の状態で収穫せず、完熟するまで待ちました。
    完熟して鮮やかな赤色をしており、甘みも倍増しています。

    ご購入はこちら

  • オクラ

    オクラ

    暑さに強く、太陽が大好きな野菜です。旬のオクラは刻んだ時の粘りが強く味の濃さにも驚かされます。

    ご購入はこちら

京野菜紹介文下のリンクより商品ご購入ページに移動できます。
※お野菜の生育状況・在庫状況により、一時的に商品が非表示となっている場合がございますのでご了承下さい。